みんなと同じ「じゃなくていい」とらわれずに生きよう。

読書・本

「幸せって何だろう?」

この地球上にいる人のほとんどが
1度は考えたことがあるような問いです。

そして、明確な答えなど分からずに
その問いを考えることを諦めるでしょう。

・高い給料をもらっている人が幸せなのか
・イケメンや美人と結婚すれば幸せなのか
・タワーマンションに住めれば幸せなのか

テレビで見る分には幸せそうだから
こんな人生を目指せばいいのかな?

そんな悩みを解き放ってくれる本
『じゃない、幸せ。』を紹介します!

ジャス
ジャス

答えが見つからないこの悩み
どうやって幸せに生きていこう?

『とらわれずに生きるための幸福論 じゃない、幸せ。』 はあちゅう著 秀和システム 

社交的じゃなくていい。

「社交的じゃない=不幸」じゃない。

頑張って社交的になろうとして、
会社の人にたくさん話しかけたり
飲み会の場に参加してみたり
上司の話を聞こうとしてみたり。

しかし、その努力で自分が
ストレスによって疲弊してしまったら
元も子もありません。

むしろ自分のことを「ダメなんだ」と思い
自己肯定感が下がっていってしまいます。
どこにストレスがあるかを把握して
しっかりと対処しちゃいましょう!

「友達たくさん」じゃなくていい。

一概に友達と言っても、
友達の種類ってたくさんありますよね。

毎日ちょこっと話すような友達だったり
月1で飲みにいくような友達だったり
年に1回会うような友達だったり。

友達の定義なんて千差万別ですが
「心の栄養になる時間を提供してくれる人」
といる時って幸せですよね。
そんな人たちと多く関わっていけば、
友達が少なかろうと幸せになっていきます!

自分で自分のアンチにならない

自分の人生を送っている中で、
その人生にケチをつけたいだけの「アンチ」
が出てくることがあります。

自分を傷つけるような悪口を
たくさん受け取ってしまうと、
アンチの言うことがそのまま脳に転写されて
それが自分の考えになってしまいます。

そこからは、
自分で自分の悪いところを探したり
さらにアンチから悪口が来る。
こんな「負のループ」に突入してしまいます。

そんな時はもう、
「アンチコメントを見ない」に尽きます。
幸せや優しさに溢れる空間へと
1度身を投じてみましょう。

すると、悲観でしか
物事を見れなかった前とは
全く違う世界観や価値観を
持てるようになります。

人の目ばかりを気にして
行動していた過去を「変えたい!」と
思ったら、今いる場所から離れてみましょう。
新しい世界、新しい価値観と出会って
自分が少し成長できると思います。

ジャス
ジャス

場所や環境を一旦変えてみよう。
心の奥に眠っている別の自分が
また自分の体に帰ってくるかも!?

誰もが羨む理想、じゃなくていい。

みんなと同じじゃなくていい。

大学には必ず行くものだ。
結婚をして立派な家庭を築くんだ。
仕事は辛くて厳しいから我慢するんだ。

子供の頃に親からこんなことを言われます。

でも、様々な事柄を判断していくと
自分なりのベストが分かってきます。
たとえ、自分が進む方向へ誰も来なくても
自分が考えた結果だから信じれる。
そして迷わずに前へと進める。

多くの人が取る選択肢が
自分にとってのベストだとは限らない。
自分に合う方をしっかりと考えて選ぶ。
それで幸せならいいじゃないですか。

明るい人が楽にしてくれる。

自分が抱える悩みってありますよね。
内面、外見、対人関係とかとか・・・

その悩みに対して深刻に悩んでいると、
明るい話題を取り込めなかったり、
何で自分は解決できないんだろう。と
暗〜い感じになってしまいます。

そういうときには、
明かるくて楽観的な人と喋ると
だんだん、自分の抱えている
悩みに対して深刻に考えすぎていたのが
馬鹿ばかしくなってきます。

笑い飛ばしちゃっていいんです。
明るい解決策が生まれてきます。

ジャス
ジャス

考えすぎて見えなかったり
考えもしなかったアイデアが
飛び出してくるチャンス!

素敵な自分でなくていい。

自分で自分の見方を変える。

相手が自分のことをどう思っているのかと
被害妄想をして不安になったり
学校で話しかけられないから、
自分は仲間外れにされているんだと
勝手に解釈してしまったり。
自分に対する視線を
意識しすぎてしまう時があります。

他人の意見は自分の一部しか見ずに
言われたりする。悪口もたまに飛んでくる。

他人が自分をどう思うかは変えられないけど
自分が自分をどう思うかは変えられる。
あとは、自分で自信を持つだけ。

自信が持てれば、あとは
自分で自分をもっと好きになるために
自分磨きに注力できます!

ジャス
ジャス

自分に自信が持てれば
一気にできることが広がります!

自分を幸せにするのは自分。

理想の人生を送りたいときに
今、邪魔しているものは何でしょう?
親や上司など顔が鮮明に思い浮かぶ人もいれば
むしろそれは「自分」だと思う人もいます。

自己肯定感が低いと
自分に言い訳を作りやすくできる反面
良いことがあったときに
「私なんか・・・」と思ってしまいます。

だからこそ「自愛」することが
とっても大事になってきます。
目先のやりたいことや欲しいことを
叶えてあげましょう。
自分は自分の希望を叶えられる存在だと
自分でしっかりと理解していきましょう。

「自分を大切にすること」を意識していくと
目標を見つけたときに一番言い訳や逃げ場を
探しているのは実は自分だと気づけます。

ジャス
ジャス

自分のことを
ご自愛していきましょう!

好きなようにしたい。

楽しい努力をしよう。

少し前の時代ならば
「努力=苦しくても耐えること」
だったのですが、今は
「才能を見つけるための努力」
へと変わってきています。

嫌なことは無理をせずに断ろう。
自分がやりたいようなことに
努力のベクトルを向けるようにして
自分の才能を引き出していきましょう!

使う言葉を変える。

言葉って帰ってくるもので
悪い言葉がたくさん出る環境にいると
人は悪い言葉が多く生まれます。

互いを尊重しあえる環境
互いを褒めて高めあえる環境では
人はいい言葉、前向きな言葉を生みます。

ネガティブな環境に飲み込まれずに
ポジティブな環境に身を置く。
それだけで言葉は鍛錬されていい言葉が
巡るようになってくる。

誰かのせいと結論づけず、
どこに問題があったのかを探してみる。
環境で人は発する言葉が変わるんです。

自分は何で幸せになる?

幸せはとっても近くに転がっています。
それを拾い集めると幸せになれる。
ドラゴンボールみたいですね。

1日の中で「これができれば幸せだ」
というリストを作ってみましょう。
自分が1日で、「幸せだなぁ」と思う瞬間を
3つくらいあげてみましょう。
それがこなせれば、今日という1日は
幸せになっていきます。

自分が幸せになる小さな欲望を把握して
毎日を幸せに彩っていきましょう!
自分が幸せになる方法を知っておくと
落ち込んだときにも復活が早くなりますね!

じゃなくていい。

幸せって案外近くに転がっています。
それを拾い集めれば人は幸せになれる。

みんなと同じじゃなくていい。
見栄や嫉妬もしがらみも全部いらない。
普通じゃない。でも、それでいい。

これを読んでから、
自分が抱く幸せのハードルが一気に低くなり
「幸せだな」と感じることが増えました。

ジャス
ジャス

ささやかな幸せに気づかせてくれた
『じゃない、幸せ。』
楽観的にさせてくれると思います。

Twitter @j_masa516

『とらわれずに生きるための幸福論 じゃない、幸せ。』 はあちゅう著 秀和システム

コメント

タイトルとURLをコピーしました