【HSP】繊細さんのための「刺激の防ぎ方」

読書・本

「職場で機嫌の悪い人がいると気になる」
「人と長時間いると疲れちゃう」
「小さなミスに気付いて時間が掛かっちゃう」

こんな経験・・・ありませんか?

そして、そのことを相談すると
「気にしすぎなんだってwww」や
「気にしなくたって平気平気!」のように
その考えが理解されなかったりします。

このような経験がある人は
【HSP】(とても敏感な人)の可能性が。
下に診断テストのリンクを貼っておきますね。

HSP診断テスト
https://hsptest.jp

実際に僕もHSPの可能性が高い人です。
集団の場にちょこっといるだけでも
かなりへろっへろになっちゃいます。

でも、HSPの人にも得意なことはたくさん!
他の人に負けない強みを持っています!

なので今回は
「HSPの人の行動力の上げ方」について
紹介していこうと思います!

ジャス
ジャス

「HSP」ではなくて
「繊細さん」って呼ばれると
なんか安心しませんか?

「繊細さん」の本 飛鳥新社 1204円+税

「繊細さ」は良いもの!直さずに向き合う。

「感じる力」は克服しなくていい

繊細さんはとっても
「感じる力」が強いです。

・相手のちょっとしたこと
・周りのちょっとした雰囲気
などを常に感じて情報を得ています。

常に様々な刺激を収集しているので
刺激のキャパオーバーがよく起こります。
一人で何もせずに休みたくなったりします。

でも、繊細さんのこの特性は

絶対に治すべきではありません!

なぜなら繊細さんは
「ごく自然に配慮ができる人」という
素晴らしい特性を持っているからです!

ジャス
ジャス

意識せずに気遣えてしまう。
繊細さんの最高の特性です!

だけどそれゆえに疲れやすい・・・
そんな時の対策法もありますよ!

「鈍化」させずに「防止」していく

物理的に防いでいこう!

自分の特性である「繊細さ」に対して

「感覚を鈍らしたり」「心を閉ざす」
のような対応をしていくと、
多少楽ではあるんですが・・・

自分が持つ「繊細さ」が鈍化してしまいます。

「繊細さを克服した!」ではなくて
「繊細に感じる能力が劣化」したんです。

なので物理的に刺激を防いでいきます!
五感のうち、鋭く来る刺激はみんな様々です。
なので、五感にあった「予防法」を
しっかりと取り組んでみましょう!

視覚(見る刺激の予防)

・メガネの度を落とす
・サングラスをする
・伊達メガネをつける
・見る範囲をメガネの枠内だけと決める

基本的に「見えすぎ防止」を心がけます!

「人混みの中にいると疲れる」人は
視界にたくさんの情報が飛び込んできて
脳がパンパンになって疲れてしまいます。

広く見渡すことでたくさん気づけるのが
繊細さんの特徴なのですが、やっぱり
見えすぎてしまうと疲れちゃうんです。

他人の表情や行動が見えて、色々考えたり。
その多くを自分事として捉えていきます。
だからこそ、「適度な遮断」が必要です!

ジャス
ジャス

見て気づく感度はそのままに。
視界を狭めて気付きすぎを防ぐ!

聴覚(聞こえる刺激の予防)

・耳栓をしておく
・ノイズキャンセリングの使用
・イヤホンで心地よい音楽を聴く

「映画館での突然の大きな音」のような
急にくる大きな音が苦手だったり。

「換気扇が常に回る音が気になる」ような
小さな音でも気になってしまう人もいたり。

日常的に気になってしまう音を
こまめに防ぐことでストレスは軽減されます!

ジャス
ジャス

車通りが少ないなどの
リラックスできる環境に
身を置くのも有効ですよ!

触覚(触る刺激の予防)

・肌の露出を減らす
・明るい色の服を着る
・心地よい素材で体を覆う

自分が苦手な人とすれ違うだけで
体がゾクゾクっとしたりするような

肌感覚が刺激を受け取る人もいます。

そのような場合には
自分の服に守ってもらいます!

でも、肌センサーが敏感なので
服に覆われることが苦手で
薄着を好んだりする人も多いですが
薄着で行ってセンサーを敏感するが
疲れてしまっては、本末転倒です。

もしくはその刺激を跳ね返すために
赤やオレンジの服を着て
ある程度の刺激を跳ね返す明るさを
対策の装備にしてみるのもオススメです!

ジャス
ジャス

明るい服を着ると明るくなる。
服って意外とパワーがあります!

嗅覚(匂い刺激の予防)

・マスクをする
・好きな香りのものをつける
・アロマペンダントをつける

「都会の匂いが苦手」な人や
「満員電車の匂いが苦手」など
嗅覚が鋭い繊細さんは

「自分の周囲をいい匂いに包む」
がとっても有効です!

ジャス
ジャス

良い匂いでリラックス効果も
同時に得られるので
繊細さのガードも十分!

味覚(舌で感じる刺激の予防)

・刺激の強い食べ物を避ける

この刺激というのは「辛さ」ではなく
「添加物」による刺激を指します。

ファーストフードやスナック菓子などに
多く入っている添加物。

舌の感度が高い人は
食べると舌がピリピリしたり
体調が悪くなったりします。

なので、添加物が少ない食べ物を選ぶ。
カットされていない野菜などで
自炊してみるのが良い手段です!

ジャス
ジャス

繊細さんの中では
お気に入りの八百屋さんも
あったりするそうです!

「自分のまま」が最高の元気を生む。

本音を大切にしよう

自分の持つ繊細さに対して
悲観ではなく、肯定していく。

そして、自分にとっての
「楽しい」「嬉しい」
「心地いい」「ワクワク」の
コンパスをしっかりと持つこと。

世間の声、周りの声もあるけど
そこで我慢することなく
自分の本音を大切にして生きる。

すると、
「自分はこれが好き!こうしたい!」
と、少しづつ自分に軸が出てきます。

我慢をやめて、本音で生きると
自分の我慢に集まってきた人ではなく
自分の本音に集まってきた人が
自分の周りにだんだんと集まってきます。

そのうちに
「自分は本音を出して生きていける」
という自信と安心感が生まれます。

ジャス
ジャス

自分も少しづつ本音力が
身についてきた気がします。

心の奥底から様々なことを考えている
「繊細さん」はこの世にたくさんいます。

人に優しく、心が深い。
様々なことについて気づき、考える。

その大事な感性を鈍らせずに
自分の繊細さと向き合って
人生を楽しく生きていきましょ!

ジャス
ジャス

他人を自然に気遣える。
その特性を大事にしていこう!

「繊細さん」の本 飛鳥新社 1204円+税

コメント

タイトルとURLをコピーしました