【理不尽に逆らえ】自由になるための「アンガーマネジメント」

読書・本

上司や先輩の誘いを断れない。
でも、その人たちに嫌われたくない。
悪者扱いされたくない。

こんな悩み、ありませんか?
誰かに嫌われたりするのって怖いですよね。
でも、当たり障りが無いように
日常を過ごすのも、もう疲れちゃった・・・

そんな時に必要な力、それが
「アンガーマネジメント」です。

日常的にある「常識」や「謎のルール」
これらが果たして本当に必要なのか?
「賢く怒って自分を守る方法」について
この本から紹介していきます!

ジャス
ジャス

「当たり前」だと思ってる
そのルール、疑ってみませんか?

『理不尽に逆らえ。』 堀江貴文著

『理不尽に逆らえ。』 ポプラ新書 860円+税

現代に蔓延する無意味な「謎ルール」

「FF外から失礼します」

Twitterでよく見るやつですね。
F(フォロー)F(フォロワー)外(ではない)
から、リプライを失礼する時に
よく用いられている謎ルールです。

でもSNSって見知らぬ人と繋がるために
用いられるソーシャルメディアなはずです。
皆さんもSNSってそのように使いますよね。

このような謎ルールは閉じたコミュニティで
はびこりやすい傾向にあります。
固定のメンバーの中で村八分にされないよう
忖度に忖度を重ねて生まれていきます。

だからこそ、誰かがこの「謎ルール」に
声を上げなければいけない。
本来は無意味であるものにある謎ルールを
論理的に生きて減らしていきましょう!

色あせた社会倫理から自分を守れ

「結婚制度」に縛られるな

自分の人生をなんとなく考える中で出てくる
「結婚」という選択肢。
これって実は時代錯誤だったりするんです。

そもそも結婚をさかのぼると
「江戸時代から始まった
 田畑をキープするための社会制度」
にたどり着きます。

長男は自分の家庭の田畑を強制的に継ぎ
他の家庭の女性と結婚する。
この頃、結婚の拒否権が当人に無いことも。
そのようにして田畑を守ってきました。

ですが、今は「令和」です。
このような結婚制度に振り回されなくても
楽しく生きる手段などたくさんあります。

結婚せずにたくさんの恋愛を楽しんだり
配偶者の人と長年連れ添ってもいいし
たくさんの女性に囲われてもいいし
様々な幸せの形が構成されています。

古い結婚制度に振り回されてしまうなら
気持ちを曲げてまで付き合う必要は無い。
それが現代では余裕で可能です。

理不尽な社会システムが多すぎる

結婚制度もそうですが、まだたくさん日本には
「理不尽な社会システム」が存在しています。

職場や学校のルール・近隣住民でのルール
もしかしたら家庭内にもあるかも・・・?

でも、このルールにまともに従う必要は無い。

さっきも書きましたが
気持ちを曲げて疲弊するならば
無理をして付き合う必要はありません。

「このシステム、ちょっとおかしい?」
と思ったら、その直感を信じること。
そしてそのシステムの歴史を理解すること。
すると、古いシステムに異議を唱えられる。

古いシステムに異議を唱えることで
古いシステムを現代に移植することの
「理不尽さ」も理解することが出来ます。

ロジカルに怒れ!キレろ!

感情論にはロジカルが足りない

地震が発生したり、感染症が流行すると
外出に自粛や制限がかかります。
そんな時に楽しい娯楽番組を放送すると
「こんな時にバカやりやがって」という
批判や横槍がたくさん入ってきますが
それに直接的な関係って無いんですよね。

感情論は共感を得ることは可能だけど
それによって日本や世界が変わる事はない。
これが感情的な批判に起こる課題です。

感情論が優先されるコミュニティー

「学校」や「ワイドショー」
この環境では感情論が優先されます。

学校では「多数決」が主な決め方です。
どんなにB案が正しいと思っていても
他のみんながA案に興味津々ならば
自分はB案に手を上げられるでしょうか?
説明しても「変なやつ扱い」をされてしまう。

ワイドショーでも芸能人が感情論で
様々なことを議論する中で
ロジカルな意見を述べていくと
感情論の人たちから批判を浴びる。

「みんなの意見=正しい」
なんて事は絶対にウソです。
明らかに自分が正しい意見を言っていても
周りから批判が飛んでくるような
環境には居続けない事。

自分の身近に感情論が優先されるような
環境があるならば今すぐ離れよう。

ロジカルシンキングを繰り返す

建設的な議論をするためには
感情論に走らずに論理的に話さないと
議論が進まなくなってしまいます。

論理的に話す事で
・説得力が生まれる
・記憶に定着されやすい
・話がすんなり入ってくる
・トラブルになりにくい
などのメリットも生まれます。

感情論だけではロジカルに勝てない。
だからこそ論理的な思考を身につけて
賢く怒って、自由を手に入れていきましょう!

マイナス言葉をポジティブに言い換える

いいように捉えられる言葉づくり

全国でおよそ60万人いる「ひきこもり」
理由としては様々ありますが多くは
学校教育のシステムに馴染めずに
不安や恐怖に駆られて閉じこもってしまう。

明治の方針が残る日本の教育システムには
学校に適応できていない人が出てきたら
切り捨てるしかないという現状がある。

学校に馴染めない人が「ひきこもり」
と呼ばれ、そのまま社会から排除される。
そりゃ自暴自棄になってしまう人も出ます。

この問題は学校教育にもあるが、
「ひきこもり」というネーミングも問題だ。

社会から「ひきこもり」
というレッテルが貼られてしまうと
「自分ってダメなやつなんだ・・・」と
悲観して、ネガティブになっていく。
そしてさらに社会復帰が遠のいていく。

だからこそ「ひきこもり」という言葉を
別の言葉に変換する必要がある。

『多動力』も元はネガティブ単語

堀江さんはダラダラすることが嫌いで
寝るときとお酒を飲むとき以外は
常に行動していきたい人です。

すると周りの人からは
「ADHDではないか」と言われる。

ADHDを日本語にすると
「注意欠陥・多動性障害」と呼ばれます。

「ADHD」という言葉からは
ネガティブなイメージが生まれます。
そこでADHDをポジティブに変えた
「多動力」という言葉が生まれた。

言葉の意味自体は一緒だが
言葉としてのイメージは大きく変わる。
ポジティブ単語として生まれ変わるのだ。

だからこそ「〇〇障害」や「ひきこもり」
のような言葉には変換が必要だ。

日本人は欠点を作り出したい

日本人の不思議なところとして
「そこまでデメリットでもないところを
 わざわざ取り上げて欠点のように言いたい」
という謎な性格が見えます。

「スマホ依存症」がわかりやすい例です。
スマホなんて現代最強のガジェットなのに
学校で使わせないように規制がされている。
「〇〇依存症」を子どもに当てはめて
いかにもその行為が悪だと拡散し
子どもたちの娯楽や好奇心を奪います。

ジャス
ジャス

「ネット依存症」「ゲーム依存症」
さらには「YouTube依存症」
もうバカバカしくなりますよねw

子どもをなめるな。

インターネットという技術が発展し
世界中の情報や人と繋がれたり
小さい子どもでも端末を扱う時代が来た。

小さい頃からネットで面白いものを探し
そして見つけて夢中になり熱狂する。
そんな経験が幼少期からできちゃう時代です。
子どもたちの方が色んなことに
夢中になりやすいのは言うまでもないです。

そんなことを言ったり書くと
「子どもがゲームばっかり
 やったらどうするんですか?」
という意見がたくさん飛んでくる。

今、現代で最も稼げる業種に
「プロゲーマー」が入るような時代です。
15歳の少年が3億も稼げちゃう時代です。
だからもし子どもがゲームに熱中していたら
「叱って規制する」のではなくて
「好きにやらせてあげること」が大事になる。

その夢中になった経験は
これからの自分の人生にも影響を与えるし
自分の体験談として紹介することもできる。

親は子どもが生まれると
なぜか偉くなった感覚に陥り
子どもを下に見るようになります。

『嫌われる勇気』(ダイヤモンド社)
で広く知られた「アドラー心理学」の中には
「子育ての時に子どもを下に見ない」
という原則があります。
しっかりと同じ視点に立って
なんで失敗したかを一緒に考えてあげる。
対等に接してあげることが重要なのです。

『嫌われる勇気』 ダイヤモンド社 1500円+税

刺激的な毎日を追い求めろ。

他人を叩く暇なんて無い。

人間は完全超人じゃないので
違法なことに手を染めてしまったり
失言などの失態を晒すこともよくあります。

ですがインターネットの普及で
「一億総発信時代」となり
炎上している人を吊し上げたり
メッタ打ちにするような行為が行われます。

「有名税」という
パパラッチが作った造語が
実際に存在なんてしないのに
良いように扱われてデマや悪口を書かれる。
たまったもんじゃないですよね。

「世間の吊し上げ願望に加担しないこと」
これは絶対に守るべきことです。

というか
自分の人生に夢中になって
毎日を必死に生きていると
他人が起こした炎上なんて
興味を示す暇なんて生まれません。

他人の幸せに嫉妬しない

テレビに映るような豪邸であったり
厳しい情勢の時に幸せな報告をしたり
そんな他人の幸せに嫉妬をしない。

他人に興味を示して勝手に嫉妬する
そんな暇があればもっと他の
自分が好きなことに興味を持つべきです。
嫉妬なんて無意味な感情です。

たくさんの嫉妬心がはびこるこの現代。
「嫉妬」と距離を置くだけで
生きるのが楽になっていきますよ!

ジャス
ジャス

・論理的に賢く怒る
・社会システムに縛られない
・嫉妬と距離を置く

この3つを意識していきましょう!

『理不尽に逆らえ。』 ポプラ新書 860円+税

コメント

タイトルとURLをコピーしました