学校とスマホが共存するためには?

未分類

「授業中のスマートフォンの所持・使用禁止」
が多くの学校でルールとなっています。

でも、学校でスマホが使われることって
本当にダメな事なんでしょうか?
スマホはゲーム機としての印象が強いですが
スマホは現代最強のアイテムです。

カメラにもなってメモ帳にもなる
更には授業の音声まで取れてしまう。

こんなにも授業への関心を高める武器を
なんで学校は使わせないのか不思議です。
これからは学校とスマホは共存して
価値を高めあった方が
互いのWIN-WINになっていくはずです。

なので今回は、学校側と生徒側双方での
授業中のスマホ使用のメリット・デメリット
について考えながら、
これからの学校とスマホの共存戦略
について考えていきましょう!

ジャス
ジャス

明治の体質のまま
現代に来てしまった「学校教育」
現代最強のウェポンにどう向かう?

学校はそれらしい理由で規制してくる

「スマホ依存対策」という看板

まず、学校側はなぜ校内での
スマホ使用を禁止しているのか。

学校のそれらしい言い分として
普段スマホばっかり使っている生徒たちは
無理やりでも距離を置く時間を作るべきだと

「スマホ依存」対策をしてますよアピール
もっともらしい規制をしてきます。

でも、学校でスマホを解禁することは
名前や顔などの個人情報が
簡単に盗まれる危険が十分にあるので
危険ですよね。これはまぁ分かります。

これはお門違いでは?

だけれど、疑問が残る点としては
授業中にスマホを使わせない理由について。
この理由としてよく挙げられるのが
「先生の話を聞かなくなるから」という理由。

先生の話を聞かなくなるという問題は
本当にスマホが悪いのでしょうか?
先生の話が生徒に聞かれない問題は
スマホ以前の問題があると考えます。

生徒に聞こえやすい声を意識して
身振り手振りでわかりやすく示してみたり
人を惹きつける服装をしてみたりと
先生にもできる改善って多くあるはずです。

生徒の家族から大金を受け取り
生徒が楽しいと思わない授業を提供するのって
「どうなんだろう」と思いませんか?

10代というスーパーアクティブな期間中に
1日のおよそ3分の1が学校に使われている。
そして、その学校の授業が「暇だ」
「つまんない」と思われてしまうと
生徒の学ぶ意欲が放棄されている。
なのに改善をすることなく、
つまらない授業をしているのに
スマホを規制する学校って多いなと思います。

授業から溢れるワクワク感

大体10年~15年くらい学校生活を送る中で
ほぼ確実に経験があると思うのですが
「この先生の授業超面白い!」というような
ワクワクしていた授業があると思います。

その先生の授業はもう前のめりになって
ペンを持つ手がスラスラ動き
眠い5時間目であろうと脳がフル回転して
情報を吸収しまくっていたと思います。

このような授業があるだけで
学校が楽しいと思わせてくれるわけですよ。

今の教職員の方々は
スマートフォンよりも面白そうと
思われなければ生徒に飽きられてしまうという
高いハードルが待ち構えているのです。

そして多くの先生たちは
そのハードルを越えようとせずに
せっせと撤去しようと考えたりします。
「スマホ依存対策」という
もっともらしい看板を掲げて。

ジャス
ジャス

スマホに「立ち向かう」のか
スマホを「撤去しちゃう」のか。

やる人はやるし、やらない人はやらない

スマホがない時代もサボれた。

スマホを規制しようが規制しまいが
生徒が魅力を感じない授業は飽きられます。

スマホを規制したところで
結局、授業がつまらなかったら生徒たちは
ノートに落書きを始めたり
自分の作業を進めていたり
地図帳を開いてエロマンガ島を探したりと
別の方面に意識が飛ばされていきます。

これはスマホがある現代でも
スマホが無かった昔でも変わりません。

授業に向き合いたい人はしっかり向き合うし
授業に向き合いたくない人は
楽しめる娯楽や暇つぶしを探し始めます。

スマホが解禁されたら生徒たちの
授業に対する姿勢は顕著に現れるはずです。
つまらない授業の教室では
静かに友達で集まって荒野行動を始めたり
イヤホンをしてYouTubeを見る人も
確実にたくさん出てきます。

スマホで広がる授業方針

しかし、
前述した生徒が楽しいと感じる授業では
スマホより先生の話の優先度が高くなるので

板書をスマホで撮影し、
ノートに書き写す時間を無くして
先生の話を聞くことに注力することが出来たり
先生が言った言葉や単語が分からなかったら
その場でGoogle先生に聞いてみても良いし、

授業の動画があれば
復習する際も記憶が引き出しやすいし
休んでいる生徒にも動画データを配布して
授業を届けることが出来る。
と良いこと尽くめでしかありません。

そして近い将来、小学生や中学生の
スマホ所持率が上がることは明らかです。
「スマホ」というハードルを撤去せずに
ハードルを越える策を練っていかないと
古い学校教育が変わらないまま進んで
他国との教育格差もどんどん開いて
置いていかれてしまうのでは?と思います。

ジャス
ジャス

小中学生のスマホ所持率は

小学校低学年・・・19%
小学校高学年・・・34.6%
中学生・・・75.4% と
かなり高い水準まで上がった。

(2020年1月統計)

参考文献 スマホ所持の小学生、約3割がSNSで知らない人とやり取り
https://resemom.jp/article/2020/04/07/55691.html

勉強は面白い。でもその伝え方が面白くなかった。

中学や高校の勉強が嫌いだったという人
かなり居ると思います。
でもそういう人たちでも
ポケモンや格闘ゲームの勝ち方の勉強は
とっても積極的な意欲を持ってやります。

この差って何だろう?と考えたときに
「なんでこうなるの?」という疑問に
応えてくれるかどうかの差があるから。
という仮説を立てました。

「なんでこの方程式を使うのか?」
という疑問を抱いて、その答えを知り、
知的好奇心が満たされることで
問いと解法の記憶が結び付きやすくなる。

何でこの方程式を使うの?と聞かれて
「だってそうだもん」と覚えていると
記憶として定着しづらいと思います。

でも、その知的好奇心を満たすために
授業で抱いた様々な疑問を授業終わりに
先生に聞きに行こうとするんですが
「先生も次の授業がある」
「同じように聞きたい生徒もいる」という
時間の問題により聞けなかったりします。
もどかしいですね。

ジャス
ジャス

悩みの答えを聞きやすい環境。
これが理解度UPに繋がりそう。

スマホと学校の共存の未来

ここまで書いてきて、
スマホと学校の共存策について
僕はこんな風に考えました。

1.授業中はスマホの使用をOKにする(写真撮影は板書のみで先生の指示が出てから)

授業の受け方は人それぞれです。
先生の話を聞きながらノートを書きまくったり
逆にノートにはメモ程度で話を注力して聞く人。
色々居ると思います。
ただ、先生の話を注力して聞いていると
授業理解度はとても高く吸収できますが
定期的なノート提出でボロボロにやられます。
そのため、ノートに割く時間が増えて
先生の話をしっかりと聞けなくなってしまう。
そのため板書を写真で撮っておけば
授業理解度が高く、復習のノート作成もできて
生徒の理解度が伸びやすいんじゃないかなと。

2.学校の生徒が利用できるSNS上の非公開グループを作成する

日程や行事、臨時情報を生徒に直接伝えられる。
そして、授業でわからなかったことなどを
先生にコメントで質問するシステムを作れば
生徒の知的好奇心の向上にも繋がるだろうし
先生たちの会議も時間短縮に繋がると思う。

今回のコロナウイルスが発生した場合でも
各自在宅でFacebookでのライブ配信を用いた
授業や課題提出で感染のリスクを下げつつ
不登校だけれども学びたい人へも届けられる。

ジャス
ジャス

生徒と先生での
双方向性が生まれることで
不安もありますが・・・

時代に取り残される日本の学校

毎朝8時頃学校へ登校して
嫌な授業であろうと我慢して
机に6時間座って先生の授業を受け
そして同じような時間で下校する。
その後提示された課題を家に帰って行う。

まるでサラリーマンです。
そして「我慢すること」や「従うこと」が
まるで良い事だと学校は教えてきます。

僕たちが親や世間から言われてきた
「言う事を聞いて嫌な仕事も我慢できる人」が
良い社会人の象徴とされてきました。

しかし今、この現代には「AI」という
「人間よりも言う事をしっかり聞いて
 どんな仕事でも24時間休まず働く知能」

が出てきました。
学校が育てようとする人間は
今後このスーパーエリートと戦います。
教育の見直しが必要ですよね?

ジャス
ジャス

我慢を求められるけど
その教育方針はもう見合わない。

今のところは自分で動くしかない。

この現状に気づいた瞬間に
他の様々な課題もたくさん見えてきます。

大人になったら必須級で必要なのに
学校で学ぶことがない
「お金」「政治・経済」「性教育」

当たり前だと思っていた学校教育が
明治から全然変化せずに止まっていること。

解決策は、自分で動くしかないんです。
人や環境を変えて動き出すしかありません。
・自分の思考を止めないこと
・現存している常識を鵜呑みにせず疑うこと
・自分から情報を狩り続けること

この3つを意識していきましょう!

ジャス
ジャス

「今」を生きよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました