10代から分かる!日本の「クロスオーナーシップ」

未分類
ジャス
ジャス

こんにちは!ジャスです。

日本のテレビって面白いですよね。
クイズ番組やバラエティもあるし、
ワイドショーも毎日やっていますよね。
そんな日本のメディアなんですが・・・
かなり深刻な問題があります。

それが「クロスオーナーシップ」です。
外国では基本的に禁止されているのですが、
日本では可能となっています。
インターネットが普及するまでの
数十年間、国民に偏った情報を放送し
それが真実であると思い込んでいる人が
いまだにたくさんいます。

そんな「クロスオーナーシップ」って
何なのか分かりやすく解説していきます!

印象操作が簡単にできる国、日本。

「握手 フリー画像」の画像検索結果

「クロスオーナーシップ」を簡単に言うと

クロスオーナーシップを簡単に言うと
「テレビと新聞が手を組んでいる」
という状況のことです。

ジャス
ジャス

地上波TV局はこんな感じ!

日本テレビ=読売新聞
テレビ朝日=朝日新聞
TBS=毎日新聞
フジテレビ=産経新聞
テレビ東京=日本経済新聞

海外では禁止されている行為

独裁が行われている国以外では
基本的に「クロスオーナーシップ」は
禁止とされています。

理由としては
「言論の多様性を阻害するから」です。
クロスオーナーシップを禁止しないと
マスメディアに都合が悪いことが
報じられなくなり、国民の知る権利が
著しく損なわれてしまうのです。

一応、日本にも申し訳程度に法律で
「マスメディア集中排除原則」がありますが
1つの地域で、テレビ・ラジオ・新聞を
独占していることが禁止とされている
だけなので、実質「野放し状態」です。

実際様々な不祥事が報道されることなく
隠されてしまっている現状があります。

ジャス
ジャス

今では、自社の不祥事を
自社で報道するだけで
称賛の声が上がってしまいます。

なんで手を組んでいると悪いのか?

手を組むことによって、
意図して「偏向報道」が行えてしまうんです。
とある人のちょっとした不祥事に対して
「過度な人格否定」や「悪人のレッテル貼り」
を行います。見ている視聴者に向けて
悪いニュースだけを伝え、悪人だと報じます。
最近だとカルロス・ゴーン氏がその一例です。

ジャス
ジャス

街頭インタビューや記者会見等での
「発言切り取り」で
印象を悪くさせたりするというのも
メディアが良く使う手法です。

カルロス・ゴーンの悲劇

カルロス・ゴーン氏は1990年代の終わりに
経営が悪化し倒産寸前の日産へ投入された。
そこでCOO(最高執行責任者)へと就任。
ゴーン氏の異名は「コストカッター」

ゴーン氏は2万人以上の社員をクビにし
たった4年で2兆1000億円もの
借金を完済。日産の立て直しに成功した。
ゴーン氏は日産の救世主なのである。
その後も日産の業績に大きく貢献した。

そんな救世主、カルロス・ゴーン氏が
自分に支払う役員報酬額の申告を
過少に報告してしまい、逮捕された。
そこからメディアは「偏向報道」を開始。
今までの功績なんて関係なしに
一気にゴーン氏は悪者である
イメージを仕立て上げていきます。

ジャス
ジャス

そりゃ・・・ね?
楽器ケースに入って
国外へと逃亡しますよね?

SNSに暴かれたテレビの正体

「テレビ フリー画像」の画像検索結果

「マスコミは中立」のウソ

テレビや新聞のようなマスコミは
公平で中立的な立場だと思う人も
多いのですが、実は・・・
全く公平でもなんでもないんです。

地上波TV局の収益源は広告料です。
番組の間にCMを流して商品を宣伝してます。
なので、TV局が発信する情報というのは
視聴率や利益を最も重視するので
芸能ニュースやゴシップが多く扱われます。
国会毎日している大事な話よりも
芸能人の不倫や薬物のような
視聴者が野次を飛ばしやすいような内容を
テレビ局は放送していますよね?

テレビの根底にあるのは
「正義や倫理」だと思っている人は
考えを一度改めたほうがいいです。

またゴーン氏を出しますが、
ゴーン氏が拘置所から釈放されたときに
「作業着きて出てきた!」という報道が
大量に報道されていましたよね。
アレに報道の価値はあるのでしょうか?
視聴者から野次が飛びやすい内容ですよね?
視聴率が欲しいんです。メディアは。

ジャス
ジャス

「メディアは真実を伝える」
じゃなくて
「メディアは営利企業である」
と捉えてください!

嘘やヤラセがバレてしまう今。

1960年頃から普及したテレビ。
2010年くらいまで、テレビが主な
情報収集源として機能してきました。
ですが、スマートフォンの普及や
通信回線の向上(4G回線)によって
SNSが大きく普及しました。
(Twitter、Facebook、Instagram等)

それにより、様々なバラエティでの
発言の切り取り、ヤラセが発覚しました。
そして自身の会社に不都合なことは
すべて叩き潰して報道されません。

ジャス
ジャス

テレビ局の不祥事、ヤラセ報道は
ネットからしか耳にしませんよね?
そういうことです。

テレビを盲信する時代は終わった。

2010年代、スマートフォン所有率が上がり
自分で得られる情報量は格段に増えました。
ですが、未だにメディアの情報を
鵜呑みにしてしまう人もかなり多いです。
今はどこの局もコロナウイルスに関する
報道がたくさん行われています。

ワイドショーに首ったけの人たちは
コロナに対してかなりの恐怖があります。
そしてSNS等で、イベントに対して
過剰に延期や自粛を求める人がいます。

ジャス
ジャス

でもコロナに怯えてる人たちは
インフルエンザは怖くないらしい。

自分の時間を大切にしませんか?

井戸端会議の話題にしかならないような
芸能人のゴシップ情報って・・・
あなたの人生に必要なのでしょうか?
自分の時間をわざわざ割いてまで
その情報を得ることはおそらく無駄です。

受動的に情報を受け取る時代から
能動的に情報を取りに行く時代へと
時代は変わってきています。

「タイムイズマネー」ではなくて
「タイムイズライフ」です。

時間が資産となりつつある現代に
一歩を踏み出しませんか?

ジャス
ジャス

「時間」はかけがえのない資産。
だから大切に扱っていく。
すると自分は進化する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました