いじめより面白いことを教えないといじめは終わらない。

未分類

学校生活で絶対に起こる「いじめ」
最近だと先生が先生にいじめをしていた
という事例もあったりします。

いじめで性格が変わってしまった人
いじめで本来の力が発揮できなくなった人
いじめで自らの命を絶ってしまう人

なんでいじめは起こるのか。
なんでいじめは防げないのか。
なんでいじめは終わらないのか。

元いじめられっ子の僕が考える
「いじめの終わらせ方」を紹介します。

ジャス
ジャス

ポイントは・・・
「加害者の気持ちになること」

今のいじめ防止策は無意味。

いじめを減らすために
行われていることといえば、
人気のタレントさんを写真に使って
「いじめ、ダメ!」ポスターの作成や
どの学校にもいる熱血系先生が
「いじめはダメなことだ!」と訴えたり。

それでもいじめは無くならないのに、
まだ広告費を使ってポスターを作り、
先生たちも声をあげて訴え続けている。

その呼びかけはきっと間違いではない。
だけどそれでもいじめは減らない。

いじめの本質をしっかり捉えて
いじめをもう一度考えてみましょう。

ジャス
ジャス

ダメだと訴え続けている。
でも、決してなくならない。
別の切り口、手段を探してみよう。

いじめは最高のエンターテインメント

いじめの解決法が分からない理由は
「いじめられる側に立ってるから」です。

いじめられたことから
いじめを解決する手立ては
絶対に見つからない。
心を強くするくらいしかできないです。
でも、いじめられる側の耐性をつけても
いじめは無くなりません。どうしましょう?

では逆に
「いじめる側の視点」で考えます。
いじめをする理由ってなんでしょう?

答えは簡単、楽しいから。
・コスト、0円
・技術や資格、いらない
・費用対効果、1人犠牲で集団が幸せ
めっちゃお得ですよねw
お金をかけずに楽しめる最高の遊びです。

僕はいじめられっ子でしたが
こんなにもメリットがあるなら
余裕で手を出していると思います。

もし、そんなコスパ抜群の良い遊びを
先生に取り上げられたとしても
標的を変えてバレずにやればいいだけです。
親にゲームを取り上げられたけど
深夜にこっそりやるアレと同じなんです。

ジャス
ジャス

こんな楽しい遊びは
どんなに規制されようが
絶対に無くならない。終わらない。

いじめを超えるエンタメを提供してあげる

人は「楽しいこと」が大好きです。
1年前に夢中になっていたことも
今じゃ飽きていることも多々あります。
けれど今は新しい「楽しいこと」がある。

自分の知っている「楽しい」よりも
さらに「楽しい」ことを人間は求めています。
いじめを無くすにはこれを使うんです。

先生はいじめっ子に歩み寄って
「このアーティスト知ってる?」と聞く。
そして別のことに夢中にさせてあげる。
いじめが楽しかったことを忘れるほどに。

いじめの抑制はできないから代わりに
その力を別の面白いことに流す。

これがいじめを無くす最適解です。

声を上げ続けても意味ないんです。
いじめっ子と一緒にランニングしてみたり
筋トレしていい汗を流したり
楽器を演奏させてみたり
プログラミングを教えてみたり
力を流すための手段はたくさんあります。

ジャス
ジャス

「ダメだ!」という規制言葉を
「どう?」という誘い言葉に。

渇望しろ!そして自分から消えた自分を迎えに行け!

僕は楽しく学校生活を送っていました。
だけど小学5年生の頃からいじめられました。
いじめる側はとことんアホだった。

そして何回もいじめられて
何回も形だけの解決をしてきました。
年下の人からもいじめられました。

小学校を卒業する時には
好奇心旺盛で発想力に富んでいた
あの頃の僕はもういませんでした。
悲観的でネガティブな自分になりました。

そして中学はほとんど教室に入れませんでした。
周りの意見に流されて
周りの空気を読みまくって
なんとか学校で息していました。

そしたらFラン高校に来ちゃった。
周りはみんなバカばっか。
学年1位とか余裕でしかない。
この時の学校生活は楽しかった。

でも高2の秋に気づいた。
「底辺の頂点で満足している僕がいる」
様々なことに文句を言わずに我慢して
鼻を伸ばして誇らしくしている僕がいる。
絶対に違う。僕のゴールはここじゃない。
幼稚園の頃の渇望力が一気に帰ってきた。

4歳~9歳で熱狂していたことを
今に置き換えて実行。
僕の中から消えた僕が帰ってきた。
幼稚園の頃のポジティブさと
痛みを知って強くなったメンタル。

僕は面白いほどに進化した。

そして今僕はキーボードと向き合い
文字で過去の僕に訴えている。

今が楽しい。超楽しい。
心が喜んでいるのがよくわかる。
自分が自分であること。
これが自分にとって最高の幸せだ。

いじめられている人が
見ているならこれを伝えたい。
「今がつらいのならば
 無理に耐え抜かなくたっていい」
「逃げ道なんていくらでもある」
「逃げたら負けじゃない、

 逃げたら勝ちなんだ」
渇望して、夢中になって、熱狂しよう。
そして、心の中から

消え去った自分を迎えに行こう。

ジャス
ジャス

大丈夫。君は革命を起こせる。
僕も起こす。これから絶対に。

みんなと同じじゃなくていい。

なんかとっても自分事を書いて
アツくなっちゃったんですけど
僕の想いはこれに尽きます。

いじめられた子も、いじめた子も
自分のことを大好きでいる。
自分のことを嫌いにならない。
自分の評価を周りに委ねない。

これが大事です。

「自尊心」が壊れると
なにも出来なくなります。
漠然とした不安が常に襲います。
自分の意見を言えなくなります。

・自分は自分であること
・自分は天才だ
・自分は超カッコいい

これを魔法のおまじないとして
心に残しててくれると嬉しいです。

きっとどこかで心の支えになってくれます。
それでは、あなたのこれからの幸せを願って。

Twitter @j_masa516

コメント

タイトルとURLをコピーしました